カテゴリ:New Material( 10 )

"Mannish"

オーダーサンダルの企画が決まってから色々と使用マテリアルを吟味していたのですが.....。

かなりビビッとくるマテリアルに出会いましたので。。。。。最近はオシのマテリアルです。





























a0161744_0422146.jpg

a0161744_0424566.jpg

マニッシュという皮革。
2度タンニンなめしされ表面は蝋引きされておりますので、摩擦や磨く事によって最高な輝き、艶を楽しめます。

硬くもなく、柔らかくもなく、適度な硬さで馴染みやすくどのアイテム制作にも対応できます。


画像は、磨く前、磨いた後の比較です。


















a0161744_0463188.jpg

a0161744_047036.jpg

お好みにより、ある程度磨きあげての納品、オリジナルのまま納品。
お好みに合わせて仕上げます。






















NEXT........!!


a0161744_0494585.jpg

by leatherk-k | 2013-04-16 00:53 | New Material | Comments(0)

"ELBAMATT"

今日は、梅雨の中休みか。。。わが町北九州市は最高の天気でした。
やはり天気が良いと気持ち良く製作もでき効率もupしますねぇ。



それはそうと最近 Face book とやらを始めたのですが....結構面倒くさいですね....(汗)
Face book では、製作工程や完成したアイテムの画像を中心にupしていこうかなぁって考えております。
時間があればぼちぼちやっていくつもりです。






さて、今日は先日仕入れ屋さんにてある皮革に運命的な出会いをし。。。その魅力に悩殺され仕入れましたNew Material のご紹介をさせていただきます。


それでは早速!!



















a0161744_2329033.jpg

イタリアの老舗タンナー、TENPESTI社のELBAMATT(エルバマット)です。



TENPESTI社は、1946年に設立されたイタリアのタンナーでこのエルバマットは、1200年前から伝わるバルケッタ製法(ベジタブルタンニンなめし)でなめされ、技術的革新を取り入れながらもこの貴重な伝統ある職人的製法に忠実にあり続ける定番素材です。

TENPESTI社は、このバルケッタ製法で特許を持っている程のタンナーです。



この革の特徴として、オイルが生地にしっかりと浸透しておりますので表面は滑らかでソフトな手触りが特長です。

表面に白い物質が浮き出ておりますがこれは、オイル分ですので使用する前に布等で吹き上げれば最高の艶がでます。

しっかりとオイルが浸透しておりますので、キズなどが付いても使用していくうちに修復していきます。
使い込めば使い込むほどに艶が出て、発色も良くなってまいりますのでヌメ革等とは、また違ったエイジングを楽しめると思います。








a0161744_23555625.jpg

今回は、Leatherkiller-MKでも人気のブラックパープルに近い viola (バイオレット) のみを入荷しております。



入荷を待たずして、私がおすすめをしておりましたのですでに数点のアイテムをオーダーいただいております。

今日も、このエルバマットを使用し一発目のアイテムを製作し納品させていただいたのですが、お客様もこの魅力に悩殺されたようで、次なるアイテムをオーダーいただきました。



今後、エルバマットは定番で取り扱っていく予定です。
気になる方は、STUDIOにて現物を御覧になれますのでお気軽ににお問い合わせください。




お問い合わせ : leatherkiller.mk@me.com
Leatherkiller-MK

by leatherk-k | 2012-06-23 00:10 | New Material | Comments(0)

"相性"

この雨で桜も散っていきそうです。
今日は、桜の花びらがかなりひらひらしてました。




さてさて、以前ご紹介した糸ワックス・トゥイン。
使用していて一つ発見した事があったので、今まではサンプルとして発注していたのですが今回は....

















a0161744_235023.jpg

1本発注した。
この糸、コードバンとの相性が最高に良いと私は感じました。



この糸はmade in USAで、もともと幌等を縫製するのに使用されるナイロン製の糸なのですが、ナイロンっぽくなく革にくい込む感じが最高です。

コードバンは、反発が強く糸がくい込みにくい革なのですが、このワックス・トゥインはいい感じにくい込んでくれます。
a0161744_23594512.jpg

今後、コードバンを使用する時は、この糸をメインで使用します。







今回、ネイビーのサンプルも仕入れたので今後のアイテム製作に使用します。
a0161744_01570.jpg






それでは、このへんで。




Leatherkiller-MK
Contact : leatherkiller.mk@me.com

by leatherk-k | 2012-04-11 00:06 | New Material | Comments(0)

"ルガトショルダー"

雑誌等で取り上げられている数々の皮革。
巷では、そんな皮革を使用したアイテム達が"良いもの"って認識されているように思います。
確かに良いものには間違いないと思いますが.....私には理解できない部分も多々あります。

私達が使用している革達は、実際に目で見て触って、本当にお勧めできる皮革だけをチョイスしております。雑誌等ではあまり取り上げられない革ばかりですが....。

本当に良い革......? 何を基準にしているのか....?
どれくらいの種類の革があるのか? まだまだ出会ってない革も沢山あるのでこれからもこの目で実際に見て自分が良いと思うものを皆様へお勧めしようと思います。



そんなこんなで今日は、オススメの皮革をご紹介いたします。





















a0161744_21581072.jpg

私達がメインで使用しているEU W Butt(ヌメ革) と同じベルギーのタンナー (タナリーマズーレ社) でなめされているスイス産原皮のルガトショルダーという皮革です。

特長として、ヨーロッパ産のショルダー革らしく銀面が最高に綺麗で(私は、個人的にヨーロッパ産の皮革が好きです。)ショルダー革の特長であるトラ目がインパクトとなり艶やかで透明感があります。

以前ご紹介したノーベルレザーに質感は似ておりますが、ノーベルレザーほどオイリーではないのでかなり軽く銀面のグレージング処理がしっかりと行われているので使い込めば最高の艶を楽しめます。


これからルガトショルダーを使用したアイテム達もご紹介していけると思いますので、気になった方はご遠慮なくご相談下さい。










a0161744_2216236.jpg

このトラ目がたまらんのです(笑)



Leatherkiller-MK
Contact : leatherkiller.mk@me.com

by leatherk-k | 2012-04-05 22:18 | New Material | Comments(0)

"ホックも...."

今日は、STUDIOの掃除をし最近よくお世話になっている靴のお手入れからのっ!! スタート!!

a0161744_094062.jpg

もうかれこれ10年以上付き合っておりますデンマークのDANSKE(ダンスク)というブランドの靴です。

a0161744_0134988.jpg

a0161744_0145528.jpg

a0161744_0152627.jpg

伝統的なハンドメイド製法で天然皮革を使用しソールも天然クレープソール。
しかも履き心地抜群です。価格もリーズナブルですよ。

やっぱり拘りのアイテムっていつまでもお付き合いできますよね。
これからの時代にも残していかなくては!! です。


そんなこんな、私の拘りマテリアルが昨日やっと手元に届きました。



















a0161744_026296.jpg

コレっす!!


a0161744_0274569.jpg

a0161744_0281124.jpg

イタリアの名門 PRYM社-Fiocchi- のフルブラスホックです。
ヨーロッパの某有名ブランドにも採用されているホックです。
シャレオツな刻印がアイテムを引き立ててくれます。双方最高品質、最高級ホックです。


これで、拘りマテリアル充実しました。
あとは、気合入れてアイテム達を提供するのみです。


Leatherkiller-MK
Contact : leatherkiller-k@sand.ocn.ne.jp

by leatherk-k | 2012-01-09 00:42 | New Material | Comments(0)

"糸への拘り その2"

先日、お伝えした糸"ワックス・トゥイン"に引き続き今後使用していく糸のご紹介。
今回は、リネン糸です。



















a0161744_2055330.jpg

made in Ireland の名門クラウフォード社のワックスアイリッシュリネンです。
バッチリ蝋引きされていて手縫いしていても強度をリアルに感じる事ができます。
また、リネン糸の自然な風合いが革に馴染み革の素材感を引き立てます。


a0161744_2141685.jpg

今までは、カラーもナチュラルをメインで使用していましたが、革が経年変化した時にも糸が自然になじみ革を引き立てる事を想定して今後は、バターをメインに使用していこうと思います。

今まで通り糸のカラーもオーダー時にお選びいただけるように厳選し揃えていきますので、糸カラーの相談もお気軽に申して下さい。


Leatherkiller-MK
leatherkiller-k@sand.ocn.ne.jp

by leatherk-k | 2011-12-30 21:12 | New Material | Comments(0)

"糸への拘り その1"

おっと!! 気づけばクリスマスイブじゃないですか.....。
今年も後僅かですね.....バタバタしていて日にち感覚が全くないのでちょっと驚きです(汗)

今日も朝から納品、製作、その他諸々でバタバタでした。
忙しい事は良い事ですが....。


さてご存じのとうり我がLeatherkiller-MKも3年目を迎えております。
今後、やりたかったけどやれてなかった事どんどん取組んでいきます。


そんなこんなで新たな拘りをご紹介!!

以前より少しずつ気になり始めていた現在使用中の糸。
主に麻糸、ポリ糸を使用しているのですが....どちらも以前に比べ使用していて違和感があります。

麻糸に関しては、以前に比べ強度面が劣っているように思います。
ポリ糸に関しては、必要以上の蝋が浸透している為かなり作業性が悪いです。

ここ何ヶ月か糸探ししてやっと目当てのものを手に入れました。
今日はそのひとつ、ワックストゥインをご紹介。

a0161744_175946.jpg

画像右の2本がワックストゥインです。
Made in USA のナイロン系より糸で主にヨット等の帆を縫う為に使用されいる糸です。
適度に蝋が浸透していて作業性にも違和感なく、程良い太さで、強度面もおりがみつきです。
レザーアイテムをワイルドに使用する方にお勧めです。









a0161744_1172913.jpg

U様、先程完成たしました。
ギリギリですが本日納品できます。


Leatherkiller-MK : Katsuya
leatherkiller-k@sand.ocn.ne.jp

by leatherk-k | 2011-12-24 01:20 | New Material | Comments(0)

"Itarian Buffalo"

皆様こんばんわ!!
本日も2度目の更新です049.gif

本日は、New Materialのご紹介をさせていただきます。

"Itarian Buffalo"その名の通りイタリアのタンナーでなめされた水牛の革です。
上品な光沢感と細かいシボが特長で、ソフトな仕上りですがコシがありバッグ、ウォレットをはじめカジュアルにもシックなアイテムにも幅広く活用できるマテリアルです。

今後"Itarian Buffalo"を使用したLeatherkiller-MKのNew Itemもご紹介していきますのでお楽しみに!!041.gif

a0161744_2215833.jpg

a0161744_22155742.jpg

a0161744_22162933.jpg


Leatherkiller-MK
by leatherk-k | 2010-07-11 21:51 | New Material | Comments(0)

"Grand Shlink"

皆様こんばんわ!!今日は、雨模様で気分の優れない1日でしたね。014.gif

只今私は、ショルダーバッグの制作を行っています。今回も1点ものの制作ですので毎日試行錯誤しながら革と戦っています(笑)

さてさて、前回のブログでも少し取り上げていたのですが今回のショルダーバッグに使用しているMaterialなのですがシュリンクレザーを使用しての制作を行っています通常のシュリンクレザーとは異なるグランドシュリンクというMaterialを使用しております。

このグランドシュリンクというMaterial通常のシュリンクレザーに比べ透明感のある色合いとワイルドなシボが特徴で、ソフトなのですがタンニンなめし特有のコシがあり質感、存在感ともに高級感があり革の奥深さを楽しめます。

このMaterialを入手するまでにサンプル請求、情報採取とデーターの少ない中卸業者さんと入念なやり取りを行いました。

待つこと2週間ほど....。制作開始の方は遅れましたが待った甲斐あり最高の存在感のあるMaterialです006.gif

縫製していて思うのですが糸のくい付きも最高ですねぇ049.gif
a0161744_0521644.jpg


画像では分かりにくいかもしれませんがシボもかなり良い具合です。
a0161744_054866.jpg

a0161744_0543540.jpg

a0161744_05533.jpg


ショルダーバッグ完成し次第ブログupいたしますので楽しみにしていて下さい。

Leatherkiller-K
by leatherk-k | 2010-05-11 01:00 | New Material | Comments(0)

"New Material"

本日は、"New Material" のご紹介をさせていただきます。

今回紹介させていただくのは、ヨーロッパは、フランスとの国境に近いエステンブルグに本社と工場を構えるベルギー唯一のタンナー "タナリーマズール社" の"EU ダブルバット"です。

ヨーロッパ産の牛原皮のみを使用しケブラコ、ミモザ、栗の木からのタンニンを使用し、年月が経つごとに、自然な美しさを増す伝統製法でなめされてた吟面のきめが細かく美しいヌメ革です。

サドルレザーよりも経年変化による飴色への変色が遅く、ツルツルに輝く光沢感と色々な表情に変色していく経年変化を楽しんでいただける最高の"Material"です。

今回 IZUMIYA “U.S.WWⅡ AAF LONG WALLET” Saddle Leather に使用しております。
a0161744_14653100.jpg

・画像では分かりにくいですがサドルレザーよりも明るいナチュラル色のヌメ革です。

a0161744_1492057.jpg

・経年変化により飴色に変色するとこんな感じです。
 ちなみに私がちょこちょこ使用するモバイルケースと娘が気が向いたら使用してくれる(笑)キッズショルダーバッグです。

今、話題の栃木レザーのサドルや多脂革、ヌメ革も最高によいですが、ヨーロッパのタンナーでなめされた質実剛健なMaterialも"Leatherkiller-K"は大プッシュします!!

"Leatherkiller-K"
by leatherk-k | 2010-04-04 01:41 | New Material | Comments(0)