"コバ"

もの作りで一番大切なのは"納まり!! "
いくら上質の革を使用してそのものをアピールしても納まりが悪ければ、それは単なる素材負けにしかすぎません。
縫製技術、コバ処理等のシンプルな工程を丁寧に仕上げる事が最高の納まりにつながると私達は考えます。


そんな納まりの良し悪しを一番左右する工程。

"コバ処理 !!"
シンプルな工程ですが、この処理一つでそのものが生きるか死ぬかが決まります。


私達も、未だにこの工程に関しましては、日々試行錯誤しております。
私達がメインで使用しているヌメ革(EU ダブルバット)は、
コシがあり硬いので、サドルレザーや多脂革のように革の重なり目を分からなくする事が非常に
困難です。
またコードバンも、弾力性が強いのでこれも重なり目を分からなくするのが困難なのです。





a0161744_8395927.jpg

a0161744_8403519.jpg

a0161744_8412844.jpg

a0161744_8421835.jpg

a0161744_8431559.jpg

a0161744_8435462.jpg

a0161744_8441517.jpg

削る磨く、削る磨く、全て手作業で仕上げる。




a0161744_849304.jpg

a0161744_8495245.jpg

a0161744_8501037.jpg

a0161744_8505445.jpg

a0161744_8551414.jpg

a0161744_8554197.jpg

最高の納まりと、本物の職人になる為に自分の感覚と思い全てを二本の腕に掛ける。
それが古き良きものつくりと思うから。


Leatherkiller-MK : Katsuya
by leatherk-k | 2011-06-22 08:58 | Others | Comments(2)
Commented by suigun1968 at 2011-06-22 22:52
コバがウッディな雰囲気になるのがたまらん…
Commented by leatherk-k at 2011-06-22 22:59
suigun1986 さん
あざぁ~す。
もっともっと惚れ込んでもらえるようなコバ処理を目指します。
<< "愛着" "名札と栞" >>