"尊き命"

東日本大震災がおきて今日で10日が経ちます。
この10日間, 言葉には出来ない複雑な思いでいましたが....。

18, 19日の2日間で私, katsuyaの心の中で何かが変わりました......。

18日は, 先日このブログでもお伝えしました,
私達夫婦の大親友が他界して3カ月の月命日でした。
彼女が私に教えてくれた生きる事への感謝をふと思い出しました。

19日は, 私の長男, 希来(きら)の卒園式でした。
園長先生の挨拶で, 今回の東日本大震災の事に少しふれておりました。
その話の中で, 園長先生が言った言葉.....「生きている事への感謝, 命がある事への感謝をして下さい」と言っていました。

純真無垢な子供達は, 目の前に起きている事に真っ向に向き合い
私達の知らないところで, 一生懸命に成長をしていました。

その児童達を, 一生懸命に指導し,支え, 涙しながら見送る先生....。

「俺は, 何しよんやっ......。」
情けない自分を痛感しました。

......今何をしなければならないのか.....。

私の座右の銘は, 一生懸命です。
今私が出来る事は, 一生懸命に生きる事です。
東日本大震災の悲惨さに大切な事を忘れかけていました。

被災者の方達は, 私達の同情なんて望んでいないと思います。
ただ生きている事への感謝をしているのではないかと思います。

幸い私達は, 何の被害もうけていないのだから
今やらなければいけない事は, この日本を支える為に一生懸命に生きる事です。

一日一生!! 明日は我が身, 一日一日を大切に生きるのみです!!
尊き命がここにあるのだから。


Leatherkiller-MK : Katsuya
by leatherk-k | 2011-03-21 01:43 | Others | Comments(0)
<< "Petit Lea... "自然の恐ろしさ&q... >>